浅野拓磨

記事一覧(23)

Column【日々前進4】「復活の放物線」

これまで浅野拓磨がこんなに怪我に悩まされたシーズンはなかっただろう。昨年10月6日のシュツットガルト戦で太ももの肉離れをして以降、10月30日ウォルフスブルグ戦、12月15日バイエルン戦と復帰するたびに筋肉系の怪我を繰り返した。それによりチームに貢献することができなかっただけでなく、今回のアジアカップを含め、2度日本代表のメンバーに選ばれながら辞退することになってしまった。ハノーファーに移籍しての心機一転のシーズン、また日本代表としても森保ジャパンでの船出の年。このタイミングで怪我を繰り返したことは、浅野にとって悔しさ以外の何物でもなかっただろう。しかし彼はその悔しさを受け入れ、力にして、成長するために全力でもがいている。「これまでほとんど筋肉系の怪我はなかったけど、今回の怪我で自分の体を見つめ直すいい機会になった。そのおかげでコンディショニングや食事に今まで以上に気を配り、良い体制も整えられた。いつかあの時の怪我があって良かったと言えるようにこれから結果を出していきたい」浅野は前を向いている。そして迎えた2019年1月26日のドルトムント戦、浅野はメンバー入りを果たすと、前半43分に味方の負傷により途中出場。久々のピッチに立った。しかし試合は1-5の完敗。この敗戦によりブライテンライター監督が解任。後任にトーマス・ドル監督が就任する。「前監督は僕をハノーファーへ呼んでくれた人。そして僕のことを信じてくれていた。だからこそ、その監督のもとで結果を残したかった。(恩返しがしたかった。)それができなかったのが凄く悔しい。でもこの現実は変わらないし戦いは続いている。ここからまた次に向けてのいい準備をするだけ。まずは試合に出てチームの力になりたい。」浅野はそう語る。3度の怪我に監督交代。多くの困難が浅野の前に立ちはだかる。そして新監督での初陣となるホームライプツィヒ戦が、本日行われる。浅野はこの困難を乗り越え、復活への放物線を描けるだろうか。

Column【日々前進3】「正念場の一戦」

浅野拓磨のハノーファーでの新シーズンが始まり、公式戦10試合が経過した。浅野はここまで6試合に出場、先発出場は5試合とスタメンの座を掴みきるには至っていない。さらに直近の2試合は出場なしと、ピッチに立てない試合が続いている。そんな中で迎える今日のポカール(カップ戦)ウォルフスブルグ戦、前節から中2日で迎えるこの試合はメンバーの入れ替えが予想される。チームの調子がなかなか上がらない状況の中、浅野にとってはまたとないアピールの場になる可能性は高い。また11月の日本代表、来年のアジアカップに選出されるためにも、ここで良いアピールをしてチームでの出場機会を掴みたいところである。色々な意味でプレッシャーのかかる試合になるが、浅野はこれまでプレッシャーのかかる試合で結果を出し続けてきた男である。「いつチャンスが来ても良いように常に準備はしている」自身でそう語るように、"その時"がやってくるのを待ちわびながら、日々全力でサッカーと向き合う姿勢はプロになってからずっと変わっていない。虎視眈々と獲物を狙い続けることができる、まさにジャガーのごときメンタリティが、浅野拓磨という選手の大きな長所の一つである。誰も見ていないところでも「サッカーの神様が見ている」と決して手を抜かない彼の姿勢、努力の継続があったからこそこれまでチャンスを掴めてきた。まずは今シーズン一つ目の「正念場」、今回も浅野はきっとチャンスを掴んでくれるはずである。ハノーファーのホームスタジアム、HDIアリーナで今季初めてのジャガーポーズを見れるその瞬間が、刻一刻と迫っている。

Column【日々前進2】「幸せの架け橋」

いよいよブンデスリーガが開幕した。開幕戦となったアウェイでのブレーメン戦は1-1のドロー。浅野は2トップの一角でスタメン出場し、75分までプレー。ゴールを決めることはできなかったが、攻守に精力的に走り回りアウェイでの勝点獲得に貢献した。浅野がハノーファーの街に足を踏み入れてから1カ月半。新居も決まり、少しずつ北ドイツの緑豊かなこの街にも慣れてきた。そんなハノーファー、実は広島市の姉妹都市である。1983年に結ばれた姉妹都市関係は既に30年以上も続いている。ハノーファーは第二次世界大戦中に多くの爆撃にさらされ、7,000人近くの人々が犠牲になった都市でもある。ハノーファー中央駅から徒歩圏内に位置するエギディエン教会には、天井がない。これは第二次世界大戦中の空襲で破壊された天井をそのままの形で残すことで、戦争の悲惨さを現在に伝えようという想いからのものだ。そんなエギディエン教会内には、1945年8月6日の広島に対する原子爆弾投下を説明する石柱碑と、1985年に広島市から寄贈された鐘が存在する。広島も同じ第二次世界大戦で原子爆弾により多くの犠牲者を出した。共に戦争により大きな被害を受けたハノーファーと広島、国は違えど戦争の悲惨さを知る両都市が手を取り合うことで、現代に戦争の悲惨さと平和の大切さを伝え続けている。広島とハノーファー、平和を強く願うこの2つの都市でプレーする事になった浅野は、ハノーファー96加入発表のコメントで「僕は全力を尽くし、ハノーファーのファンを幸せにするつもりです」と語った。広島の地でプロサッカー選手として歩み始め大きく羽ばたいた浅野拓磨。昨シーズン味わった挫折を力に変え、再び大きく羽ばたくために選んだ地がこのハノーファーであることに、運命的なものを感じずにはいられない。そんな浅野が迎えるハノーファーの本拠地、HDIアリーナでのホーム開幕戦が今週金曜日に迫っている。広島からやってきた浅野は今シーズン、そのゴールでハノーファーの幸せの鐘を鳴らしてくれるに違いない。

Column【日々前進1】「新天地での新たな挑戦」

2シーズンを過ごしたVfBシュツットガルトを離れ、今シーズンよりハノーファー96へと移籍した浅野拓磨。昨シーズンはブンデスリーガ1部で15試合の出場に留まり、特に後半戦は出場なし。その結果ロシアW杯のメンバーに入ることができなかった。Jリーグニューヒーロー賞受賞、日本代表初選出、リオデジャネイロ五輪出場、アーセナル移籍、シュツットガルトでのブンデスリーガ2部優勝、ロシアW杯出場を決めたオーストラリア戦でのゴール。この数年で多くの輝かしい経験をした23歳は今年、誰の目から見ても明らかな挫折を経験した。「悔しい・・・」ロシアW杯メンバー落選後に更新したSNSに、浅野はシンプルな言葉でそう綴っている。そんな悔しさを力に変え、また大きく羽ばたくための新シーズンがもうすぐ幕を開ける。8月19日にリーグ戦開幕に先駆けて行われた、カールスルーエとのポカール(カップ戦)1回戦。スタメン出場し、51分にインパクトあるゴールを決めた浅野だが、この日はゴール後にお馴染みのジャガーポーズを見せることはなかった。「良いタイミングがなくて・・・笑」試合後、浅野はジャガーポーズをしなかった理由をそんな風に語った。でも人一倍自信家であり、そして人一倍自分に厳しい浅野のことだ、「俺はまだまだこんなもんじゃない」もしかしたら胸の中にあるそんな強い思いが、浅野にジャガーポーズを封印させたのかもしれない。そして今日、いよいよブレーメンとのリーグ開幕戦がやってくる。温暖な南ドイツのシュツットガルトから緑豊かな北ドイツの街、ハノーファーへと舞台を移した浅野拓磨の物語。2018―19シーズンは彼の物語にとってどのような意味を持つシーズンになるのか、そして彼は開幕戦で私たちにジャガーポーズを見せてくれるのか、キックオフが楽しみで仕方ない。